プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

集中練習第2日目: ようやく本調子に戻ったか…

 昨日に引き続き集中練習の第2日目。
 今日は、午後から夜にかけての長丁場。
 
 最初は降り番の三角帽子からだったので練習場所には14時前に到着して後ろで聴いていた。
 他の2曲と比較してこの曲は最初からまとまっていたのだが、ここへ来てまだ音程の気になる所とかいくつか課題がまだある。

 次のダフニスとクロエ第2組曲は、まずは全体を通し。
 ようやく慣れてきたところもあって綻びは少なくなって来ていると思うが、マエストロの意図するダイナミックスにまだ完全に対応しきれていない。
 全員の踊りになった後、CFgのYさんと一緒に3rd Fgが4分音符でリズムを刻むところが良く鳴っていて気持ち良い。

 ここで当初の予定では、長い休憩なしで次の幻想交響曲の予定だったが、ここで1時間の休憩が入った。
 休憩時間中、1st Vnは、パート練習をしていた。

 最後の幻想交響曲は、2→4→5→3→1楽章の順だったので、最初の第2楽章は、Tacetなのでスコアを見ながら聴いていた。
 ハープが2台入ったことで安定感が出た感じ。
 続く第4楽章は、昨日の練習で指摘されたところは特に問題なく通った。
 第5楽章、練習番号[76]から[77]にかけて、バスーンがSoliになるところの音量と強弱記号についてマエストロから注文あり。
 確かにここは、poco f → p → pp → dimin. → ppp となるところなので、このダイナミックスを効果的に演奏しなければいけない。
 第3楽章は、Clの長いソロ部分のアンサンブルが乱れてしまう傾向があり要注意。
 第1楽章は、昨日よりも冒頭部分が安定しつつあるが、まだ確信を持って演奏できていない感じだ。

 1時間の休憩をはさんだが、昨日に続いて5時間半の練習が終わるとさすがに団員は疲れた表情。
 残すは、本番前日のG.P.と当日のステリハのみ。
 今日になってG.P.の場所が手違いで取れてなくて、急遽別の場所を確保したとの連絡があったが、万が一本番前日の練習ができなかったらどうなっていたことだろう…orz

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>