プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

第2回エペ・ボーカル試奏会@東京

 楽器のメンテナンスでお世話になっている Kenmochi Bassoon Works (KBW)剱持さんがオリジナルのボーカル、「エペ・ボーカル」を開発・製造していることは既にご存知の方も多いと思うが、小売りはしていないので、剱持さんのところへ直接出向くか、まれにイベントで出展した際にしか手に入れることができない。

 3年前に購入希望者を募って東京で初の試奏会をやっていただいたが、今年第2回目の試奏会をしていただく運び(前回に続いて幹事のHさんに感謝!)となり参加してきた。

 前回は、"SS" タイプ(柔軟な発音性と表現性にも富んだ安定感のあるタイプ)と "GG" タイプ(音律性の良いフォーカス音質、息流性も良好なタイプ)を購入した。
 それらをこれまで使用してきて、"SS" タイプは、モーツァルトやベートーヴェンなどの古典物、"GG" は、マーラー、R.シュトラウス、ショスタコーヴィッチなどの近代物にと使い分けることにしたが、それ以外の曲にオールマイティーに使えるようなボーカルがあればいいなと思うようになってきた。
 そこで今回は前回事前に注目していたが結局購入に至らなかった "FF" タイプ(充分な量感性と豊かな表現性、滑らか感のあるタイプ)に絞って選定し、最終的に#2を1本購入した。

Jun-21-2015-01Jun-21-2015-02

 今日の試奏会は、当初午後だけの予定が午後は練習等で都合の悪い方を考慮し、剱持さんのご好意もあり午前中から始まり、述べ20人余りの仲間が集まって、それぞれ自分に合ったボーカルを選定した。
 ボーカルを購入すると無料で付いてくるオリジナル・ボーカル・ケースが足りなくなったくらい好評だった。

 尚、この「エペ・ボーカル」は、8月中旬に行われる「国際ダブルリード・フェスティバル 2015 東京 Japan」に出展するそうなので、参加される方は、この機会に触れてみるのも良いと思う。

 試奏会の後は、KBWが創立10周年と言うことでお世話になっているメンバーを中心にささきゃかなお祝いの会を催し、剱持さんの日頃の労をねぎらう場とした。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット

コメント

No title

行きたかったな〜

No title

小哲さん、大盛況でした!

エペ・ボーカルについて

はじめまして
色々検索していたらこちらにたどりつきました。
エペボーカルは、アマチュアでも持て余さないで吹けるでしょうか。
また、どの楽器にも合うでしょうか。(当方モーレン所有)
購入したかたは、アマチュアでも技量が高い人ばかりのようでそのあたりを
ご存知でしたら教えていただければと思います。

Re: エペ・ボーカルについて

こんにちは。
お問合せありがとうございます。

アマチュアのエペ・ボーカルの使用者で楽器別の情報は剱持さんご自身が統計を取っていらっしゃるようなので、次のエペボーカル試奏会の情報がかいてある剱持さんのブログ(http://kbws.exblog.jp/26199157/)にあるメルアドにコンタクトしてお聞きしてみてはいかがでしょうか?

Re:エペボーカルについて

さっそっくありがとうございました。

剣持さんに問い合わせしてみます。
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>