プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

キンボー・イシイ先生の合奏(その4): 「つっ、たっ、た君」と「左へ倣え」の巻

 昨晩に引き続きザ・シンフォニカの合奏は、キンボー・イシイ先生の指揮。

 今日の合奏は、先にシベ1からだったので、昨日の練習録音を聴いて自分の課題と感じているところを午後の時間を使ってさらった。

 シベ1の練習がかなり充実していた(?)ため、予定の時間を過ぎてからのニールセンの「不滅」は、1楽章から4楽章の前半までをスポットで。
 特にビート感に対するコンセンサスが無くなりやすいところがチェックの対象で、何箇所かは秘密兵器の「つっ、たっ、た君」のご登場となった。
 先週末の練習にも登場したこの秘密兵器は、かなりアナログではあるが(笑)、効果は絶大であった。

 第2部冒頭のClとBnのSoli、まだまだキンボー先生のイメージに近づいていない。
 2nd バスーンに寄りかかって吹くこと(この他の楽器に寄りかかって演奏することは、過去のキンボー先生の定演の練習の時にも出てきた)ができると良いのだが…とにかくCl 2本と1st Bn は、「左に倣え」である。
 その後のFlのところは、同様に3rd Cl に寄りかかって吹くことが必要なのだが、どうしてもFlが大きくなってしまっている。

 さて、いよいよ本番まで後1週間。
 次の週末にはキンボー先生より分奏指令がでたので、これに従う。
 これからどこまで追い込みをかけられるか。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット ザ・シンフォニカ 練習日記

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>