FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

佐藤正浩氏による合奏

今日は、森下で合奏。練習を指導される先生のご都合が二転三転し、最終的には最初の1時間、TrpのT氏の棒で、「幻想」を通し、その後、佐藤正浩氏のご指導により「キージェ中尉」と「牝鹿」の合奏となった。佐藤氏は、東京芸術大学声楽科を卒業後、ニューヨーク のジュリアード音楽院ピアノ伴奏科で修士号を取得。卒業と同時に同オペラセンターの専属ピアニストとなり活躍する…オペラ中心のご活躍のご様子で、今日は野田秀樹氏のオペラ「マクベス」の会場から駆けつけてくださった。
幻想は、通しただけということだったのだが、うーん第5楽章の16分音符のところがうまくはまらなかったので悔しい。おまけに1拍ずれた。課題は、見えているのだが、体が言うことを聞かない。

「キージェ中尉」。トップを吹くS嬢が、親知らずを抜いて、口が腫れてしまっているという最悪のコンディション。にもかかわらず、トロイカのSaxと一緒になるソロのところが、佐藤氏から「素晴らしいですね」なんて言われてしまって、嬉しいのやら、なんとやら。本番は、Saxの音量に消されて聴こえないはずだ。

私の練習は、ここで終わりだったのだが、今日はお客様が見学にいらした。なんとドレスデン国立歌劇場管弦楽団のヴィオラ奏者の方が3名。そのうち1名は女性で、その方ともう1名の男性の方が、一緒にオケに入って弾いてくださった。S嬢によれば、我々がトロイカの例のところを吹いている時に笑っていたそうだ。

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団について

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団シュターツカペレ・ドレスデン(Staatskapelle Dresden)はドイツ・ザクセン州ドレスデンに本拠を置くオーケストラ。1548年に、ザクセン選帝侯の宮廷楽団として設立された、世界最古のオーケストラ。ドレスデンの歌劇場であるゼンパー・オーパ

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団について

ドレスデン国立歌劇場管弦楽団シュターツカペレ・ドレスデン(Staatskapelle Dresden)はドイツ・ザクセン州ドレスデンに本拠を置くオーケストラ。1548年に、ザクセン選帝侯の宮廷楽団として設立された、世界最古のオーケストラ。ドレスデンの歌劇場であるゼンパー・オーパ
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>