プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

齋藤先生の管分奏

 IPOJの譜読み合奏後、ザ・シンフォニカの管分奏へ。
 いつものように元東フィルOb首席奏者の齋藤先生のご指導。

 今日は、前プロのドヴォルザークの「謝肉祭」序曲は無しで、交響曲2曲のみ。

 まずはドボ8から。
 第1楽章の冒頭は前回の管分奏で宿題となっていた和声のアナリーゼを事前にメンバーで共有したこともあって、内声パート(2nd Bn や Trb)が良い感じになっている(今年の初合奏の際に既に報告済)。
 一番難しいところが13小節目のF♯をベースとするデミニッシュ・コードになったところ。
 先生曰くここが綺麗に聴こえているオケがなかなかないと言うことで、頑張りどころだ。
 第1楽章の途中、金管楽器がブレーキになって音楽の推進力が無くなってしまうところが数か所。
 練習記号【E】と【N】のClがもう少し倍音の多い柔らかい音色で吹いてくれるともっと寄り添った感じに聴こえると思うのだが…orz
 第2楽章は、マエストロからリクエストがあった33と36小節目の4分音符でまだきちんとディミニュエンドができていない。
 最終小節のコードがまだイマイチはまっていない感じ。
 第3楽章は、【E】から後のObとのメロディーで121小節目のEを低めに吹くように指摘あり。
 Codaは、アクセントの付いた8分音符とそうでないスタッカートが付いた8分音符との違いをきちんと区別するために、アクセントの付いたほうはもう少しだけ息を長く入れる感じにしてみた。
 第4楽章は、【C】やその後も何度も出て来るG-durのコードがイマイチ整っていない。
 意識して吹くことで改善がみられたので、各自留意していれば大丈夫だろう。

 後半のチャイ4は、降り番なのでお先に失礼した。

 個人的には、新しく届いたリードを本番に向けて使い始めたところ。
 今日はまずまずの調子だったが、この先、多少の変化が入ってくるだろうからうまく調整していきたいところ。
 今クールでの管分奏は今回が最後で、今後はマエストロの三石先生の合奏のみとなる。
 合奏でも管分奏で得たこれまでの知見を効果的に使っていきたいものだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>