プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

SオケのG.P.: 風呂場のような練習場所…orz

 明日本番ザ・シンフォニカのG.P.は、初めて利用する小松川さくらホールにて。

 最初は降り番のチャイ4からだったので、少し時間に余裕を持って出かけたのだが、早めに進行していて予定よりも前倒しになっていた。

 チャイ4の後は、ドボ8。
 最初に全楽章を一気に通し。
 後述のように残響が異常にある練習場所だったので、縦の線が合わせにくくなる場所が随所にあり気を使った。
 通しの後、数か所口頭でのチェックと第3楽章のコーダの211・212小節目のクレッシェンドを音を出して確認など。

 最後にドヴォルザークの「謝肉祭」序曲。
 こちらも最初に全曲通してから、口頭での簡単なチェックの後、もう一度通して終わり。

 今日の練習場所は、3F/4Fが多目的ホールとなっていて、可動式の客席を出している時は音楽ホールとして3Fと4Fがつながった形で使用するようだが、今日のように客席を収納して平場として(体育館的に)使用する時は、4Fに相当する空間が丸々空いて、天井が高い部屋となってしまう。
 従って、残響がつき過ぎて何だかよく分からなりそうなところがいくつもあった。
 今、ちょうど練習録音を聴きながら書いているので確認だ。
 明日、ホールの響きを確認して最終調整とせねばならないな。

 当団は、自由席の場合でも客席数以上のチケットを発券していないため、今回は既に団内でチケット不足状態が生じているほど、予想集客数が多いが今日になってようやく団内のチケット不足が解消されたそうだ。
 ドボ8とチャイ4が一晩で聴ける機会は、滅多にないからだろう(しかも場所が東京オペラシティーのコンサートホールということも少なからず影響していそうだ)。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>