プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

IPOJの合奏: 松尾先生の代打は…

 午後からIPOJの合奏。
 当初の予定では、マエストロの松尾 葉子先生の予定だったが、諸事情によりピンチヒッターとして昨年2回続けて定演の指揮をお願いした清水 史広先生のお世話になることに。

 今日もシャブリエの「スペイン」から。
 先週から格段の進歩はないにせよ、若干打楽器の精度が上がったように感じたが、まだポリリズムに慣れていない人が多く、確信を持って演奏をしているように聴こえてこないところが残念。
 清水先生がスペイン物のリズムの取り方を少しお話しくださったので、自分なりにコツを掴んだ気がする。

 次にビゼーの「アルルの女」第2組曲
 こちらも先週と比較すると打楽器の精度が上がったと言うか、奏者が変わったことによるものかもしれない(本番は誰が演奏するの?)。
 まだオケの音量のバランスなどが悪くて、伴奏に回った弦楽器が大きすぎたり、表に出るべき管楽器が潜っていたりと様々な課題がある。

 最後にムソルグスキー(ラヴェル編曲)の「展覧会の絵」
 まず全曲を通し。
 こうして通してみると、やはりビドロで休符が1つもないのがかなり体力の消耗に影響があることが分かった。
 ここで疲労してしまうと、その後に出てくる「卵の殻をつけた雛の踊り」のTrioで破綻をきたすことになりそうだ。

 今日は、代打の清水先生の松尾先生とは別の観点での指摘もあり勉強になったことが多かった。

 練習後は、ザ・シンフォニカ今シーズン初練習へ。

 

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>