プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

松尾先生の合奏(第3回目)

 午後からIPOJの練習は、マエストロの松尾 葉子先生の合奏。
 今日は、ハープが2本あり。

 最初は、シャブリエの「スペイン」から。
 まずは通し。
 前回の合奏からGWを挟んで間が空いたこともあって、オケの乗りが悪い感じ。
 マエストロもテンポが遅くなっているとの指摘。
 数か所ポイントとなるところを取り上げ、修正作業を行い、再度通し。
 少し見通しが良くなったかな。

 次にムソルグスキー(ラヴェル編曲)の「展覧会の絵」
 この曲も最初に全曲通し。
 おおよその体力配分が分かった。
 かなり音程を大目に見てもやはりマズイところはマズイ。
 テンポもマエストロが設計している速度よりもオケが転んで走ってしまうところがまだある。
 今日は新たなエキストラが弦楽器に増えたこともあって、今一つガバナンスが効いていない感じだ。
 個人的には、「卵の殻をつけた雛の踊り」のTrioのテンポが安定したところでこれまでよりもしっかり吹けてきた点を良しとする。

 最後にビゼーの「アルルの女」第2組曲
 この曲も全曲通しから。
 音程や音量のバランスの調整が必要な部分がまだかなりあるし、細部に雑な音の処理があるので改善が必要。

 練習後は、ザ・シンフォニカの合奏へ移動。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>