プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

三石先生の初合奏

 IPOJの合奏後、ザ・シンフォニカの練習場所へ移動。
 今日は、今回のマエストロである三石 精一先生の初合奏。

 最初は、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲から。
 まず曲を演奏する前にマエストロから何か所か強弱のチェックとテンポ感の共有。
 その後、通し始めるが指摘のあったダイナミックスがきちんとできていないところとマエストロが描いている音のイメージに至っていない部分がありチェックが入る。
 最後にもう1度通し。
 普通のオケの基準なら完成度は高いのかもしれないが、このオケの実力からしてもっと上を目指す。

 次に、R.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」
 通そうとするが、何か所か鬼門があってストップ。
 やはりまだ独特のトリッキーなリズムに慣れていないメンバーが多く、カウントを取りに行くと今度は音楽が面白くなくなる。
 最後に通したら、止まることなく通ったのだが、まだ慣れが必要なところと、音楽的にマエストロが求めている表現への対処が必要だ。

 最後のマーラーの交響曲第1番「巨人」は、降り番なのでお先に失礼した。

 次回は、マーラーのみの合奏予定。
 その日は、IPOJの本番前日なので降り番で助かる。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>