プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

本番約1週間前の合奏

 午後からのIPOJの練習は、マエストロの松尾先生の代振りで、藝大指揮科の神成さんの指揮。
 神成さんは、今回「スペイン」の4th バスーンと「展覧会の絵」のチェレスタとサスペンド・シンバルをお願いしているが、今日は先生の代わりに振っていただいた。
 今日は外部の練習場所で集合時間より早めに着いたので、本番用のリードのチェックと相方と何か所か音程のチェックなど。

 最初は、ムソルグスキー(ラヴェル編曲)の「展覧会の絵」から。
 本番1週間前なのに全員揃っていない弦楽器パートがあったりして、演奏上のコンセンサスもパート内で出来ていないところがあったりと気になる。
 弦楽器は弱音になると音程の悪さが目立つ。
 管楽器は、音の長さが揃っていなかったり、音色のニュアンスが揃っていなかったり…。

 次にシャブリエの「スペイン」
 かなり見通しの良い演奏になってきた感はあるが、聴こえてこなければならないパートとそうでないパートのバランスが悪いところがまだある。
 Trbは、Soliの部分が前回と比較してかなり改善された。

 最後にビゼーの「アルルの女」第2組曲
 ダイナミックスに関して、cresc. は、良いのだが、dim. が上手くない。
 音の長さのコンセンサスができていないところが管楽器にあり気になった。
 まだ耳覚えで演奏しているところがあり、譜面どおりに忠実に演奏できていないところ(ファランドールとか)があったりする。
 
 練習前にチェックした本番用のリードは、まだ新しいのでもう少し調整が必要だが、おそらく本番頃には良い感じになりそうな予感。

 それにしても後1週間ちょっとで本番(22日)なのだが、オケ全体として色々なところに不安要素があるので心配だ…orz

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>