プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

齋藤先生の管分奏

 夜枠でザ・シンフォニカの管分奏は、元東フィル首席Ob奏者の齋藤 勇二先生のご指導。

 今日は、時間の関係でマーラーは無しで、最初に、R.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 から。
 開口一番、音感の無さと歌が無いことを指摘される。
 トリッキーなリズムに気を取られて、音程や音楽の流れや方向性が死んでしまっていた。
 音程に関しては、特に8分音符のような短い音に和音がある場合のイントネーションがきちんと理解されていない部分が多く、指摘を受けてチェックしてからやり直すとかなり改善された。
 リズム的に噛み合わせの悪い部分も取り上げていただき、テンポをゆるめて自分の周りの楽器が何をやっているのかを意識することで改善されたが、ある程度は個人練習でカバーできる範囲のこともあったと思う。

 次にワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
 こちらは、ティルに比べると調性が単純ではあるが、同様にイントネーションに関してもう少し意識を高く持つ必要がある。
 また多声による造りに対して、その場での一番大事なメロディーラインを意識した音楽の作り方を意識する必要もある。
 つまり自分が主役なのか脇役なのかを理解して、ダイナミックスや音色などの調整をすることだ。
 そう言った指摘を受けて返してみると良くなったところもあったので、体力的にしんどいところもあるが、強い意志を持続して演奏することが大切だ。

 今日は、演奏会のチラシ()が出来上り配布された。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>