プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

ザ・シンフォニカ 第60回定期演奏会終了: ☆創立30周年記念でした☆

 今日のザ・シンフォニカ定演は、創立30周年記念ということもあり久々にサントリーホール大ホール
 最寄駅の溜池山王駅の改札口を出てから長い地下道を通り、地上に出てすぐのコンビニで買い物をしてからホールの楽屋口へ。
 その後、いつものように舞台設営をサポート。
 ここは山台を運ばなくてよいので楽だし、時間も節約できる。

 ステリハは、プログラムとは逆にマーラー → R.シュトラウス → ワーグナーの順。
 降り番のマーラーは客席(1F中央通路後ろの2列目センター)で聴いていた。
 山台のすり鉢の底の平場に居るVcの鳴りが遠く聴こえるのが気になった。
 全体的に低弦が鳴っていないように聴こえるバランス。
 ティルは、途中でオケが止まる事態が発生。
 マイスタは特に問題なし。

 本番。

 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲の冒頭の響きが心地よい。
 1stを吹き終えて次の「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」のために席を移動(3rdの位置へ)。

 「ティル」は、棒よりもオケが先に行きかける場面が何度もあってヒヤヒヤ。

 メインのマーラーは、降り番だったので楽屋のモニターのボリュームをMaxにして聴いていた。
 おそらくホールの吊りマイクからの集音だろうけど、バランスはステリハで1Fで聴いていた時よりも良かったと思う。

 本日の入場者数は、1,620人で、当初の集客予想を上回りまずまず。
 全席指定席としなければならないこのホールで、毎度のことながら歩留まりを考えてチケットをうまくさばくのは難しいこと。
 当日売りも33枚売れたそうでなにより。
 ご来場いただいたお客様には感謝申し上げます。
 ありがとうございました。

 今日は、5年ぶりにClの名手のNさんとワーグナーを一緒に吹けたことが何より楽しかった。
 そして、バスーンを吹き始めた高校生の時からの師匠(元東京フィルハーモニー交響楽団首席ファゴット奏者 井料 和彦先生)が聴きに来てくださり、終演後に舞台裏で3年ぶりにお会いできたことも嬉しかった。
 今年でバスーン吹き始めて40年目。
 ザ・シンフォニカの創立メンバーとして30年、よくもここもまで続いたものだと感慨深いものがある。

 次回は思うところがあって自分は休団するが、指揮に第57回定演でお世話になった高関 健先生をお招きして、ブラッハーの「パガニーニの主題による変奏曲」とブルックナー交響曲第5番を演奏する予定となっている。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>