プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

野田先生の木管分奏: 「ファゴット殺し」の巻

 午後からIPOJの木管分奏は、群馬交響楽団第1クラリネット奏者の野田 祐介先生のご指導。

 まずは、リムスキー=コルサコフ の「シェヘラザード」から。
 この曲は、2nd を担当。
 かつてSオケで 1st を吹いたこの曲を改めて 2nd の観点で吹いてみると色々と興味深い。
 テンポにもよるが、第2楽章と第4楽章のリズムの刻みが課題。

 次にリムスキー=コルサコフの「スペイン奇想曲」。
 この曲を含めて残り3曲は、1st を担当。
 第1曲目の"Alborada"は、10小節目から出てくる音型の2拍目の裏の8分音が前に出やすいので、きちんとハマるように意識。
 第2曲目の"Variazioni"は、73小節目の2・3拍目の16分音符の動きがベタベタしないようにセパレートな感じで。
 第4曲目の"Scena e Canto gitano"は、練習番号[O]の後の16分音符の刻み音型で、最後の16分音符4つを楽に収めるように。

 次にムソルグスキー(リムスキー=コルサコフ編)の「禿山の一夜」。
 練習番号[E]からのをしっかりと。 

 最後にボロディンの「イーゴリ公」より「だったん人の踊りと合唱」。
 バスーン以外の木管が速いテンポで絡むところのかみ合わせがイマイチ。
 この曲を「ファゴット殺し」と先生はおっしゃったが、テンポによると思うが、私は特にそれほどヤバイとは思っていない。
 あくまでも基礎力が物を言う曲だと思う。

 4曲全乗りするとさすがに疲れた…が、リードの調子次第だと思った。

 今日からボーカルを久々にエペ・ボーカルのタイプSS#2にしてみたがコントロールしやすかった。
 何とも言えない心地よい抵抗感が、そのコントロールのしやすさを醸し出している。
 最近、タイプGGとFFで吹いていたこともあるが、この楽器には一番合っているのかもしれない。
 最近の剱持さんのブログN響の森田氏が、同じ楽器とボーカルの組み合わせで使用していることを知り、ちょっと安心した。
 

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>