プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

曽我先生の合奏

 午後からIPOJの練習は、今回のマエストロである曽我 大介先生による初回合奏。

 練習は、曲順にまずはリムスキー=コルサコフの「スペイン奇想曲」から。
 スコアには今回のパート譜に書いてない速度指定があることを知った。
 例えば、第1曲目は四分音符=126でマエストロはこの店舗が120ではなく126であるところが絶妙とおっしゃっていたので、後でメトロノームで確認しながら吹き比べてみたい。
 第1曲目は、同じ音型が続くところが多いので四分音符と八分音符の吹き方をきちんと変えて吹くことなど。
 第2曲目の64小節目から出てくるfzは、「鐘」のイメージ。
 第4曲目の練習番号[O]から出てくる16分音符の音型は、書いてないがアクセント的に吹く音符を意識した吹き方が必要。
 第5曲目の62小節目からのメロディーは、4小節単位での作りを意識すること。

 次にムソルグスキーの「はげ山の一夜(リムスキー=コルサコフ編曲)
 練習番号[C]からのObとの旋律の作り方、スタッカートの付いている4分音符が短くなりすぎないように、そしてその後のアクセントを意識して旋律全体のキャラクターを作ることを考えること。
 全体を通して様々なキャラクターが出てくるので、それぞれを意識して音楽を作ること。
 そして繰り返して出てきた場合の再現性の保持。

 次にボロディンの歌劇「イーゴリ公」より「だったん人の踊りと合唱」。
 Obの旋律の伴奏音型、シンコペーションの4分音符の次の8分音符を押さないこと(軽めに吹くイメージ)。
 3拍子になった後の4分音符と8分音符がスラーになっている音型では、8分音符の長さを意識すること。
 6/8拍子のテンポがかなり速いので、きちんとさらっておきたいところ。

 最後にリムスキー=コルサコフの交響組曲「シェエラザード」。
 この曲独特の転調に伴う音色の変化を意識する必要あり。
 特に第4楽章はメトロノームを使ってきちんとさらっておく必要がある。
 来週の合奏では、この曲の1stを代奏する予定。
 かつてSオケで吹いた時を思い出し、その時のパート譜を出してきてさらっている。
 その時の師匠からの第2楽章のカデンツァの秘伝も書き写して貼ってある。

 4曲を通してみて、全体的に棒よりもオケが先に行ってしまうところがありよろしくない。
 この傾向は最近このオケで出だしたことなので、改めるべきだろう。

 先週、この演奏会のチラシが出来上がった(下の画像をクリックすると拡大されます)。
注意!: 画像内の「チケットぴあ」のPコードが、間違っており、正しくは「305-759」です)

日本IBM管弦楽団第28回定期演奏会チラシ

 ボロディンの「だったん人の踊り」は、合唱付きで演奏する貴重な機会。
 当演奏会に興味をお持ちになり、足をお運びいただける方にはチケットを用意いたしますので、こちらのフォームに必要事項を記入しておしらせください(当フォームは、私個人の所有で団を代表するものではありません)。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>