プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

日本IBM管弦楽団第28回定期演奏会終了

 日本IBM管弦楽団(IPOJ) 第28回定期演奏会終了。

 今日はステージの設営担当ではなかったが、演奏会場の文京シビックホールには、9時過ぎ到着して、楽屋でウォーミングアップ。
 舞台照明のセッティングがやや遅れ、予定より遅れてステリハがスタート。

 ステリハは、プログラム順に、リムスキー=コルサコフの「スペイン奇想曲」 ⇒ ムソルグスキー(リムスキー=コルサコフ編)の「禿山の一夜」 ⇒ ボロディンの「イーゴリ公」より「だったん人の踊りと合唱」 ⇒ リムスキー=コルサコフの交響組曲「シェヘラザード」。

 オケはホールの響きに慣れるまでは若干ぎこちない感じのところもあったが、徐々に慣れていくにつれ解消していった。
 だったん人は、合唱が山台の最後部に上がったことにより、声も前に通ってきて、バランスも良くなった感じ。
 シェヘラザードは、相方の第2楽章冒頭のソロが安定していたし、その他の管楽器のソロも調子は良さそうだ。
 ステリハは予定の時間をかなりオーバーして終了。
 昼食や着替えの時間に余裕がない状況で本番を迎えることになった。

 本番。

 「スペイン奇想曲」 は、コンサートのオープニングを飾る華やかな幕開けとなり、コンマスを始め管楽器のソロも安定した演奏だった。

 「禿山の一夜」 は、課題だった音量のバランスなどがうまく調整できたのではないかと思う。

 「だったん人の踊りと合唱」。
 合唱団は、慣れないロシア語の歌詞へチャレンジして、本番では良く声が出ていたように思う。
 オケは、ステリハよりもテンポが速くなったがここ一番での集中力でなんとか乗り切った感満載。

 「シェヘラザード」。
 まずはコンマスのUさんの実に安定した演奏は素晴らしかった。アマチュアであれほどのソロを弾ける人はなかなかいないと思う。
 相方の第2楽章冒頭のソロは、一番最初の装飾音符がうまくかからなかったことを除けばほぼ完ぺきな演奏で、吹き終わった後、感動してこちらの目頭が熱くなった。その後のカデンツァも安定した演奏で見事だった。彼がこの曲の1stを吹くことに決まってから、今日に至るまで彼が非常に苦労していたのをそばで見てきたので、うまくいって本当に良かった。

 アンコールは、ケテルビーの「ペルシャの市場にて」。
 最初にマエストロの曽我 大介先生がマイクを持って登場し、ストーリーをお話ししてから、曲を開始。
 物乞い役の立ち振る舞いをメインの降り番だった当パートのY氏がアドリブで行い、会場の笑いを誘った。

 本日の入場者数は、1,432人。
 合唱団との共演もあり、前回よりも200名以上多くのお客様にご来場いただけた。
 こうして今回のリムスキー=コルサコフ祭は、大盛況のうちに幕を閉じた。

 お忙しいところをご来場いただきました皆様に感謝申し上げます。
 どうもありがとうございました。

【この演奏会にお越しいただいたお客様のブログなど】
日本IBM管弦楽団 第28回定期演奏会
またですか~

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>