プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

PB2017の合奏: 本番まで1ヶ月を切ったの巻

 午前中に PROJECT B オーケストラの練習。

 今日は、最初に「英雄」から。

 第1楽章。毎回そうなのだが、冒頭からの数小節間のテンポが決まらないし、Vcの音程が相変わらず気になる。
 テンポを緩めた後にギア・チェンジをして元のテンポに戻すタイミングのコンセンサスがイマイチ。
 まだ が大きすぎるところがある。
 指揮者曰く「密やかに」とおっしゃった感覚。
 sf に至っては、「熱いものに手を触れて、引っ込める」感覚。
 その引っ込め方のスピードにコンセンサスがないのだろう。
 また cresc. した後に、decresc. が不十分なところが気になる。

 第2楽章。冒頭からの Cb がイイ感じになってきたように思った。
 弦楽器は、丁寧に演奏しようとして音楽が前に進まず停滞しているように感じるところが数か所。
 葬送行進曲であるゆえ、「歩き続ける」ことを怠らないことが必要で、そのビート感の共有が必要だろう。

 第3楽章。この楽章も が大きすぎるところがかなりある…というか が1つのところが大きすぎるのかもしれない。
 音量のダイナミックスの幅が小さいと音楽にメリハリがなくなるので注意が必要。

 第4楽章。冒頭の変奏曲で、やはり Vc の音程が気になる。
 自分の課題であった Poco Andante (349小節目)からの部分、今日は前回よりも気持ちテンポが速いと言うか音楽が停滞しない感じだったので、このノリであればブレスコントロールは何とかなりそうだ。
 最後の Presto 部分は、今日のテンポであればシングル・タンギングで対応可能。
 
 「英雄」は、全体的に良くなったところが増えた感があるが、よろしくないところは相変わらずな感じ。
 まだあまり見通しの良い演奏とは言えない。

 次に「皇帝」をピアノ独奏無しで合奏。
 今日は、1st のGさんが欠席なので、エロイカ 1st のHさんが代奏。

 今日は独奏無しなので、ソロ部分を飛ばしながらの流し合奏。
 ピアノ独奏がないことで、木管が裸になって目立った分、音程や吹き方のコンセンサスなど気になるところがあった。
 第1楽章の488小節目の付点2分音符の処理の仕方が管楽器の中でも合ってないし、弦楽器ともコンセンサスが得られていないように感じた。
 この付点2分音符の処理は、その後フェルマータ後の Tutti で2回出てくるがいずれも同様の課題。
 第3楽章の146小節目から出てくる弦楽器の16分音符2個スラー+4分音符の音型の縦が相変わらず合っていない。
 待ちきれずに先に出ちゃっている人がいるし、音が出た後に転んでいる人もいる。
 これは言うまでもないが各自がゆっくりしたテンポで16分音符をメトロノームで刻みながらカチっとはめるトレーニングをして、できるようになったら徐々にテンポを上げていくと言うことをきちんとしておくべきだろう。

 いずれにせよ本番(4月15日)まで1ヶ月を切って、残す練習はステリハを除くと後2回。
 練習録音もあることだし、きちんと復習をして少ない時間で効率の良い練習ができるようにしたいものだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>