プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

IPOJ の合奏: 今日は、マラ4をじっくりと…

 午後からの IPOJ の合奏は、マエストロの村上 寿昭氏の指揮で、マーラー交響曲第4番のみ。

 まず最初に第3楽章。
 当初の予定では第2楽章からだったが村上氏のご指導で午前中からパート練習をしたというVcの成果のご披露と言うことで、この楽章から。
 前回よりも進歩はあるが、ビート感の共有がまだまだできていない。
 従って随所に綻びが生まれる。
 この点においては、村上氏が8分音符でビートを刻みながら演奏するようにという指摘にも表れていた。
 まだまだ譜面にかじりついて弾いているところがあるので演奏に余裕がないな。

 次に第2楽章。
 テンポを落として、楽譜に忠実に演奏することを意識することで、他の楽器とのアンサンブルの確認。
 この基礎的なことがきちんとできることによって、テンポが上がってもがっちりとした演奏が出来、この楽章全体を成功に導くことになる。

 第1楽章。
 強弱に関してはまだまだ譜面通りにできていないところが多々あり、全体としてのバランスの悪さを感じる。
 まぁ、バランスが悪いのは 1st Vn が2プル半しか居なかったことにもあるが…orz
 マーラーの交響曲はどの曲もこうした細かい指摘をどこまで着実にできるか、そして、それを余裕を持って演奏することができることによって、音楽が自然に流れるようになることを早く実感して欲しいものだ。

 今日は時間切れで第4楽章の合奏は無し。

 2週間前の初合奏後、PROJECT B オーケストラチラシを見た村上氏が、「ソリストの田中さんは同級生だった」と言うお話をされたので、本番後のレセプションでそのことを田中氏に尋ねてみると非常に良く覚えているのでよろしくお伝えくださいと言うことを村上氏に伝えた。
 意外なところでつながりがあんだなぁと感心した次第。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>