プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

ザ・シンフォニカの合奏

 IPOJ の合奏後、ザ・シンフォニカの練習場所へ移動。
 今日の練習場所は、開始時間が普段使用しているところよりも30分早いので、練習には遅刻して参加(予め了承済)。
 遅れて参加したので後から知ったのだが、可動式の椅子が故障して格納できず、平土間状態が作れずに変則的な状況での練習。

 今日の合奏は、ヒンデミットの「ウェーバーの主題による交響的変容」とバルトークの「舞踏組曲」のみ。

 まずは、ヒンデミットから。
 全体を通して、もう少しダイナミックスの幅が出てくると良いかな。
 まだオケに余裕がなく見通しの悪い演奏だ。
 上記の可動式客席のトラブルの影響で弦楽器や管楽器がよく聞こえなかったことも影響しているかもしれない。

 次にバルトーク。
 こちらはまだ変拍子を含めた譜読みがきちんとできていない人がいて、キメどころやテンポの変化に対するコンセンサスが甘い。
 ある程度音が出揃ってきたらば、各所に於いて中心となっているパートを聴いてアンサンブルするくらいの余裕がないとまとまりにくい。

 今日は、ボーカルをエペ・ボーカルの「GG」にしてみた(これまでは、「SS」)。
 但し、リードは以前から使用していたものにしたが、今日は湿度の関係もあったのか、ソロもイマイチだった。
 次回はボーカルを「SS」に戻し、リードもリニューアルした物にして見る予定だ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>