プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

IPOJ の合奏: 音を並べているだけでは…

 午後からの IPOJ の合奏は、マエストロの村上 寿昭氏の指揮。

 前半は降り番の前プロだったので、ウォーミングアップやリードのチェックなどをして待機。
 今週、空いた時間を使って新しくなったリードでも、やはりエペ・ボーカルの「SS」が一番相性が良いことを確認したので、当面はこの組み合わせで行くことにした。

 後半は、マーラー交響曲第4番の合奏
 第1楽章から通しを意識した練習。
 楽章全体を通すことで、自分のパートだけではなくオケ全体のアンサンブルを意識したり、流れを作るためのポイントをチェックしたりする意図があるのだが、その意図に反して、楽譜にかじりついて指揮も見ずに演奏している(特に弦楽器)人が多く、まとまりにかける。
 第2楽章は、一度通してからもう一度通し直したが、一度目の通しで問題を意識していないのか、意識していてもできないのか、よくわからないが、見通しの悪い演奏には変わりない。
 第3楽章に至っては、通した後、マエストロから「音を並べているだけだ」との厳しい指摘。
 マーラーの難しさは、単に音を並べるだけでは音楽にならず、感情をいかに音に込めるか、一音一音の音色の変化、ビートの変化、オーケストラ全体の色彩感の多様性など、様々な要素を含んだ音楽をいかに精神的に高い意識を保って演奏できるかがキーとなる。
 このオケでマーラーを取り上げるのは、今回が初めてだが、このままではおそらくマーラーを取り上げるには足らないオケということになってしまうだろう。
 第4楽章は、来週、ハープやソプラノ独唱の天羽 明惠さんがいらっしゃることもあり、いくつかのポイントをチェックしながらの合奏。

 来週は午前中に管分奏、午後にソプラノ独唱の天羽 明惠さんをお迎えしてのソロ合わせと忙しい一日となる。
 マラ4は、第4楽章で独唱が入るとダイナミックスのバランスの調整が必要になると思われる。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>