FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

祖父、坂本万七のこと

Googleで、「坂本万七」をキーワードにして検索をしてみて欲しい。その結果に出てくるのは、私の母方の祖父で、写真家であった「坂本万七」の写真に関することが主である。国宝や重要文化財になっている仏像、絵巻物、焼き物、絵画などかなりの写真を撮っていた(法隆寺蓮實重康博士旧蔵美術史研究資料写された国宝などなど色々!)が、貴重な記録として昭和10年代の沖縄の写真がある。また、版画家の棟方志功氏との交友関係武者小路実篤氏との交流もあった。

祖父の墓石の「坂本家」の字は、武者小路実篤氏によるものである。「新しき村」にも参加していたらしい。写真の仕事は、母の兄である坂本明美が「坂本万七寫眞研究所」として受け継いできたが、とうとう今年いっぱいで閉じるらしい。たまたまその伯父が同じマンションに引っ越してくることになって母から色々と話を聞いているうちに懐かしくなって、ググってしまった。そう、祖父が他界してから今年でもう30年経ったんだ…。祖父の葬式の時、祖父が愛用していた黒い革靴を履いていたっけなぁ…。初孫だった私は、非常にかわいがってもらった。「交流」という雑誌の表紙の写真に祖父が撮った私の写真が採用されたこともあった。五島美術館の芝生の上で、凧を揚げようとしている私の顔のアップだ。おそらく小学校に入学する前だったと思う。懐かしい思い出が沢山蘇ってしまった。

コメント

美術館に勤めるほりと申します。私の館ではありませんが、坂本万七さんの写真について、興味を持っている方がいます。以前一度明美さんをお訪ねしてお話を伺ったことがありましたが、その後研究所もたたまれて、明大前?あたりに引っ越され、現在連絡がとれません。決して変なお願いではありませんので、一度メールをいただけませんでしょうか?
私がうっかり転居通知を紛失しなければ、こんなお手を煩わせることもなかったのですが。
よろしくお願いいたします。メールをいただければ、ちゃんとした身分も何も包み隠さず申し上げられます。
よろしくご高配ください。ほり。

ほり様:
コメントありがとうございました。メールを差し上げましたので、そちらから詳細につきご相談させていただければと存じます。
よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>