プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

IPOJ の管打分奏、合奏 & ソロ合わせ

 今日の IPOJ は、マエストロの村上 寿昭氏の指揮で、午前中に管打分奏、午後はソロ合わせありの合奏と言うダブルヘッダー。

 午前中の管打分奏は、マーラー交響曲第4番のみ。
 これまでの合奏では細かくチェックが入らなかった部分を全楽章に渡って確認。
 吹き方が揃っていなかったり、ダイナミックスをきちんと守っていなかったり、音程に不安がある部分など、色々と再認識した。

 午後は、ソプラノ独唱の天羽 明惠さんとのソロ合わせのために、最初は歌なしの前プロ曲とマラ4の第1~第3楽章の合奏。
 第1楽章と第2楽章は、通し。
 今日から参加したトラが弦楽器に居たりして、細かいところでコンセンサスができていないし、指揮も見る余裕がない。
 従ってマエストロが指摘したようにどんどん音楽が重たくなる傾向がある。
 ppになると音楽が萎縮してしまう傾向もあり悩ましい。

 その後、天羽 明惠さんが入っての第4楽章のソロ合わせ。
 1回目の通しでは、天羽さんはオケの前で歌ってくださったが、2回目以降は、オケの中(下手側のBClの隣辺り)で歌ってくださったので、息遣いや細かいニュアンスがよく分かって非常に効果的だった。
 全体的に音量のバランスがイマイチで、おそらくオケが大きすぎる部分がかなりあると思うが、当日のホールでの最終調整で確認となるだろう。

 いよいよ来週末は、G.P. で次の日は本番だ。
 この1週間でどれだけ課題に対してキャッチアップできるかどうか、なかなか悩ましいところだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>