プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

日本IBM管弦楽団第29回定期演奏会終了

 日本IBM管弦楽団(IPOJ) 第29回定期演奏会終了。

 今日はステージの設営担当ではなかったが、演奏会場のすみだトリフォニーホールには、9時過ぎ到着して、楽屋でウォーミングアップ。
 思えば、このホールで吹くのは久しぶりであることに気づく(2015年10月の第26回定演以来)。
 
 ステリハは、曲順だったので降り番の前半は客席でオケの響きなどをチェック。
 今回は対向配置で、VcとCbが下手側に配置されたが、客席では低弦がやや薄い感じに聴こえた。

 ステリハの後半のマーラー交響曲第4番は、まずはソプラノ独唱とのバランス調整。
 上手側のオケ中で歌う場合と、ステージの前で歌う場合の両方で音出しをして、オケ中で歌うことに決定。
 その他の第1~3楽章は、通しをせずに要所となるところのチェック。
 ホールの響きを大事にした音作りを心がける。

 本番。

 前半のプログラムは、ソプラノ独唱の天羽さんが名前を伏せてMCとして登場。
 そして、喜歌劇「こうもり」からの「チャールダッシュ」で衣装替えをして華麗に歌手として登場という憎い演出。
 前半の演奏終了後には、マエストロの村上 寿昭氏が後半のマラ4について語る時間を設けた。

 後半のマラ4。
 何箇所かオケのアンサンブルがほころびかけたところはあったものの、オケはよく集中力を絶やさずに演奏した。
 第4楽章で天羽さんの歌が入った後は、吹いていて何度も感動して涙ぐみそうになってしまった。
 個人的には、リードがベストな状態ではなく本番直前まで調整していた。
 それもあって第4楽章の一番最後の3連符のG#が引っかかって音がきちんと鳴らなかったのは悔しいが、全体を通してまずまずの演奏ができたと思う。
 これでマーラーの交響曲で演奏していないのは、第3番第8番を残すのみとなったが、死ぬまでに吹く機会が来るかどうか…。

 アンコールは、ヨハン・シュトラウスⅡのワルツ「春の声」 (ソプラノ独唱版)で、天羽さんの大活躍により、盛大なる拍手をいただいた。

 本日の入場者数は、1,253人だったとのこと。
 前回が、1,432人で昨年の同時期が1,220人であったことから、昨年の同時期の演奏会とほぼ同じくらいの観客動員数であった。
 お忙しいところをご来場いただきました皆様に感謝申し上げます。
 どうもありがとうございました。

 次回は、指揮者に当団初登場の和田 一樹氏をお招きし、ショスタコーヴィッチの交響曲第5番他を演奏予定。
 乞うご期待!

【この演奏会を聴きに来て下さったお客様のブログなど】
日本IBM管弦楽団第29回定期演奏会_ヨハン・シュトラウスⅡとグスタフ・マーラー

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット IPOJ 練習日記

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>