プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

齋藤先生の管分奏: 毎回課題は同じ?

 夜枠で久々のザ・シンフォニカの練習は、元東フィル首席Ob奏者の齋藤先生の管分奏。

 今日は、1st を吹くバルトークの「舞踏組曲」から。
 Ob 1st 奏者の都合で、Ⅱ、Ⅲ、ⅤとFinaleを先に見ていただくことに。
 Ⅱは、変拍子へまだ慣れていない、あるいはレスポンスが悪い、または音の出し方が曲想に合っていないなどの理由でかみ合わせが悪い。ダイナミックスに関してもまだレンジが狭い。
 目まぐるしくテンポが変わることについて、先生は自分のテンポ感を持つようにと。例えば、120だったら軍艦マーチのテーマとか。
 テンポが切り替わった最初の小節のテンポ感に特に注意を払うことなど。
 Ⅲは、メロディーが良い意味で粗野なのだが、音楽を作ることをもっと意識するように。練習番号[28]から[30]までの木管のかみ合わせがイマイチ。
 ⅤとFinaleにおいても、今ひとつかみ合わせが悪いのは、見通しの悪い演奏のせいか…。
 Ob 1st が居なくなった後は、ⅠとⅣを通した。
 Ⅰは、練習番号[9]の2小節前の a tempo になったところの sf の付いた付点4分音符に入るタイミングに気をつけること。
 Ⅳは、もう少し音程が合うといいかな。

 次に 2nd を吹くヒンデミットの「ウェーバーの主題による交響的変容」。
 Allegroは、全体的に音楽が譜面に書いてあることを音にしているだけに聞こえるので、もっとフレーズ感を意識して共有すること。
 Scherzoは、何箇所か吹き方が揃っていないことによりかみ合わせが悪く、ダイナミックスの変化が不十分。
 Andantinoは、音程が良くないところが何箇所か。
 Marschは、スタッカートの切れがよくないのと、音楽の推進力が維持できないところなど。

 前シーズンは休団したので齋藤先生の分奏を受けたのは久々だったのだが、指摘を受けることは前と変わっていない印象。
 言われるとできることが多いので、前に言われたことを曲が変わっても応用できるようにしておかねばならないと思う。

 さて、当演奏会のチラシ()ができた。
 ご興味のある方は、チケットをご用意いたしますので、こちらのフォームからお知らせください。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>