FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

Sオケの合奏: 時差ボケの中で…

 午後・夜でザ・シンフォニカの合奏は、マエストロのキンボー・イシイ先生の指揮。

 乗り番の2曲は夕方からだったので、IPOJの譜読み合奏を早退して練習に合流。

 今日は先に 2nd を吹くヒンデミットの「ウェーバーの主題による交響的変容」。
 まずは第2楽章から。
 練習会場の違いから前回と打楽器群の響きや音程感が異なりチェックが入る。
 先生のイメージするフレーズ感にオケがどんどん慣れていく様子が頼もしい。
 第3楽章は、Flコンチェルトのような曲だが、伴奏組が前回よりもソロに寄り添うようになってきた。
 第4楽章は、冒頭のファンファーレとその後の行進曲でテンポを少し変えただけで雰囲気が変わった。
 最後に第1楽章。

 最後に 1st を吹くバルトークの「舞踏組曲」。
 第1楽章冒頭のBnのソロ、「もう少しドライな感じではなくて湿った感じに」と言うリクエストは、なかなか難しい。
 テンポは比較的遅め。
 音の密度感が湿度を醸し出すか。
 第3楽章の冒頭のBnのソロ、バルトークは、4分音符=140という非常に速いテンポを指定しているが、先生は遅めの設定。
 速いテンポを想定していたので、そのために替え指を使っているところがあって、テンポが落ちるとその部分の鳴りが悪くなって、テンポに対するかみ合わせが悪くなってしまう。
 今日は、この点が最大の課題で、正規の指に戻すか、替え指のままもっと鳴るようにさらうか…この週末までに結論を出すことにする。
 まぁ、時差ボケもあって、少し感性が鈍っていたこともあるが、自分もしっくりこない演奏で不甲斐ない。

 泣いても笑っても、もう本番まで一週間。
 キンボー先生の相変わらずの練習の効率の良さには感服するが、オケにはまだ伸びしろがあると思う。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 ザ・シンフォニカ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>