プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

和田 一樹先生の合奏(第3回): Vn が足りない合奏って…orz

 今日は午前10時スタートのIPOJ の合奏をマエストロの和田 一樹先生の指揮にて。

 今日はいつもよりも練習時間が短いので、タコ5の練習は無しで、最初はグリエールホルン協奏曲から。
 まず第1楽章を通してから返し。
 序奏部分の出だし4小節の後の2小節を meno f にして、そのあとの cresc. をきちんと表現。
 今日は、Trb が代奏含めて3本揃ったけど、吹き方のコンセンサスができていないな。
 数か所Fgとかぶるところがあるが、こういう状況で一緒に吹くのはモチベーションが下がる。
 また金管楽器のアンサンブル(102小節目からなど)もセクションとしてのまとまりに欠けていた。
 弦楽器は全体的に伴奏に回った時に気がゆるみがちで、リズム感も音程も悪いし弾き方も揃っていないところが多い。
 第2楽章冒頭は、今日は本番を吹く私と同じ苗字のフリーランスのOb方がいらしたので、ようやく様になった感あり。
 この楽章には美しいメロディーが多いが、リズム感に綻びが出る場合があるので、各自のビート感のコンセンサスが必要。
 音量バランスも本番ソリストが来たら(次々回に初合わせ)確認が必要なところ多し。
 第3楽章はリズム感を共有してビートを持続できればそんなに難しくないのだが、弦楽器はあまりさらっていないと見えて随所で音程が悪い。その影響もあってか、ダイナミックスの変化にも気が回っていない。

 残りの時間は、モーツァルトの歌劇「魔笛」序曲。
 弦楽器は、序奏部分の16分音符などの細かい音符の処理に対するコンセンサスができていない。
 16小節目からの Allegro のテンポは、おそらく今日のテンポがオーケストラテンポとしてほぼ決まり(かなり快速系)だろう。
 コンスタントにビート感を維持できないパートは要練習だ。
 個人的にはリードの調子が良かったのでかなりキレキレの演奏ができたほうだが、後で練習録音を聞いて要確認。

 今日も合奏に参加しているVnが少なかった(特に 1stは、1プル半!)ので、オケのバランスが悪く、今後人数が増えると、また同じことを最初から指摘されて練習の効率が下がる懸念がある。
 何とかならないものか…orz

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>