FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

2017年を振り返る

昨年同様に今年一年のオケ関連活動を振り返ってみたいと思います。

 まずは4月のプロジェクト B オーケストラ第5回定期演奏会
 前回は出演しなかったので、2年ぶりの出演。
 ・ ベートーヴェン/交響曲第3番 「英雄」: 2nd
 ・ ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」: 2nd

 6月には、日本IBM管弦楽団第29回定期演奏会
 当団初登場の村上 寿昭氏の指揮、ソプラノ独唱も初登場の天羽 明惠氏との共演。
 ・ マーラー/交響曲第4番: 1st

 7月は、ザ・シンフォニカ第62回定期演奏会
 死ぬまでに一度は吹いておきたかったバルトークの「舞踏組曲」を吹くことができました。
 ・ ヒンデミット/「ウェーバーの主題による交響的変容」: 2nd
 ・ バルトーク/「舞踏組曲」: 1st
 この演奏会を最後に、ザ・シンフォニカを退団いたしました。
 団の設立に関わり、30年以上私を成長させてくれたこのオケでお世話になった先生方、メンバー各位に感謝しています。

 8月には、いつものように剱持さんのところで楽器の定期メンテナンス
 右手中指のHリングのバネ交換に知見を得ました。
 楽器の状態が良いので、次のメンテナンスは1年半後に予約。

 最後の12月は、日本IBM管弦楽団第30回定期演奏会
 当団初登場の和田 一樹氏の指揮、グリエールのホルン協奏曲の独奏者にはNHK交響楽団首席ホルン奏者の福川 伸陽氏をお迎えしての演奏会でした。
 ・ モーツァルト/歌劇 「魔笛」 序曲: 1st
 ・ グリエール/ホルン協奏曲: 1st
 ・ ショスタコーヴィチ/交響曲第5番: 1st
 
 それでは、いつものようにこのブログの統計データについてもまとめておきます。
 まず、今年1月から12月までにアクセスされたエントリーのベスト10(トップページ、月別やカテゴリー別ページを除く)は、以下のとおりでした(ページ・ビュー数によるランキングです)。

 1. 運指表
 2. リードの削り方の裏技
 3. ザ・シンフォニカ 第62回定期演奏会終了
 4. ザ・シンフォニカの合奏: Cl名手のNさんと久々に一緒に吹いたの巻
 5. ストラップ考: 『breathtaking Saxophone Strap』 を購入
 6. 第2回エペ・ボーカル試奏会@東京
 7. Marcus Bonna ケース と Low A 延長管到着
 8. ☆ファゴット吹きに100の質問☆
 9. 師匠の教え: シェヘラザードのカデンツァ
10. 日本IBM管弦楽団第29回定期演奏会終了


 昨年第1位だった「運指表」が今年も第1位になりました。これで3年連続で第1位です。"Bassoon Fingering Charts"を紹介しているだけですが、意外と運指で悩んでいる人が多いのでしょう。
 昨年4位だった「リードの削り方の裏技」が第2位に浮上。実際のその裏技は、ここに書いてあります。
 第3位には、ザ・シンフォニカでの最後の演奏会となった第62回定演のことを書いたエントリー。バルトークの「舞踏組曲」が終わり、マエストロのキンボー・イシイ先生が真っ先に私を立たせてくださったのが、とても嬉しかったです。
 第4位には、昨年第8位だった「ザ・シンフォニカの合奏: Cl名手のNさんと久々に一緒に吹いたの巻」。ザ・シンフォニカの創立当時から一緒に吹いてきたClのNさんと久々に一緒にトップを吹けたことに感激して書いたものです。
 第10位には、今年マーラーの交響曲第4番を吹いた日本IBM管弦楽団の定演のことでした。この時のマエストロの村上 寿昭氏とは、次の来年5月の定演で再びご一緒する予定です。

 今年は、30年以上活動をしてきたザ・シンフォニカを退団するという大きな節目の年となりましたが、楽器を吹かなくなるわけではなく、まだまだオーケストラ活動は続けていきますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
 そして今年一年色々な皆様にお世話になりましたことにも感謝申し上げます。
 どうもありがとうございました。

 それでは皆様良いお年をお迎えください。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット IPOJ ザ・シンフォニカ PROJECT-B

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>