FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

[PB2018] 本番前日のG.P.

 明日本番のPB2018のG.P.は、大久保のクラシックスペースにて。

 今日は、最初に降り番の「序曲」の2ndを代奏。
 良い意味でのウォーミングアップとなった。

 次に乗り番のベト2
 最初に第4楽章の冒頭部分、1拍目裏の8分音符が弱音にならず、2拍目のsfが弱くなっている課題を確認。
 その後、第1楽章から。
 序奏部分は、なかなか一度で集中できないところがある。
 Allegro con brio から後は、f と ff の差があまり感じられない。
 弦楽器の音程の甘いところもチラホラ。
 木管は一緒に吹く所はもう少し音を集めて音色の統一が課題かな。

 第2楽章。
 相変わらずClとBnのソロ部分の弦楽器の伴奏音量が大きいと感じる。
 ここは管楽器としては、楽な息使いで楽器を鳴らしたいところなのである。
 そうしないと音色が固くなってしまうから。
 
 第3楽章。
 まだ少しだけ4分音符3つの掛け合いに流れが出てこない感じ。
 Trio はあまり色を付けないで吹いてみたがどうだろう…練習録音で要確認。

 第4楽章は、最初に確認した音型についてはイマイチ。
 全体の流れとしては、「引き締まった」感じになってきたと思う。
 
 全体を通して感じることは、要するに注意力と集中力なのである。
 強音のところは良いのだが、弱音になった時の注意力と集中力と柔軟性が必要。
 聞き覚えで演奏してはならない。 

 必ずできるオケのはずだ。

 練習後は、IPOJの合奏へ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>