プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ
広告

[IPOJ] パー練、『トリプル・バスーン 180』の巻

 午後からのIPOJの合奏前に、当パートのオジサン3人は、午前中にパー練を敢行。
 パート名を『トリプル・バスーン 180』と銘打っているのは合計年齢が180歳超えだから。
 ちなみに私が最年少。
 主に以前から気になっていた「ばらの騎士」のテノール歌手の部分。
 後半はHr パートも合流しての念の入れよう。
 果たしてその成果やいかに。

 今日の合奏は、来週女性歌手3名との合わせが予定されているリヒャルト・シュトラウスの歌劇「ばらの騎士」から。
 テンポを緩めて音程の確認からスタート。
 それでもまだカッチリと決まらないところが悩ましい。
 午前中にパート練習をしたテノール歌手の部分は、練習しただけのかいがあって、これまでよりも良い演奏。

 次にベートーヴェン交響曲第4番
 今日は、第2楽章から。
 第1楽章の変ロ長調から第2楽章になって変ホ長調になった感を醸し出す難しさ…。
 続いて第4楽章。
 ソロ部分で音がセパレートに聴こえて来ないという問題をマエストロから指摘を受ける。
 ここの直前でテンポが冒頭よりも落ちていることもあってタイミングが取りづらく、更に "dolce" を意識してダブルタンギングを甘めにして吹いていたことがキレの悪さにつながったのだろう。
 もう少し色々な吹き方を検討したい。

 今日は、リヒャルト・シュトラウスの「13管楽器のためのセレナード」の練習は無し。

 いよいよ来週は、元帥夫人(マルシャリン)役の大倉 由紀枝さん、オクタヴィアン役の十合 翔子さん、ゾフィー役の天羽 明惠さんとの初合わせ。
 ワクワク感と不安感が入り混じった微妙な心境なり。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
スポンサーリンク

>