FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

[IPOJ] 村上氏の初合奏

 午後からIPOJの合奏は、いつもの社内施設が清掃のために使用できず外部会場にて。
 今日は、指揮者の村上 寿昭氏による初合奏。

 まずは降り番の前プロ、ワーグナーの歌劇「さまよえるオランダ人」序曲から。
 低弦がVc×1、Cb×1しか居なかったため、ややバランスの悪い感とベースとなる刻みが薄いために音楽の流れに柔軟性がない感じ。

 次に1stを吹く、中プロのオペラのアリアと歌曲で、まずは、ドニゼッティのオペラ「愛の妙薬」より「ラララの2重唱」と「人知れぬ涙」。
 ラララは、最初の弦楽器が伴奏をするレチタティーヴォの合わせが難しそう。
 エンディング部分に修正を入れた演奏をすることになった。
 「人知れぬ涙」の冒頭のバスーンのソロの作り方を村上氏からご指導いただいた。

 次にJ. シュトラウス Ⅱのオペラ「こうもり」より「侯爵様、あなたのようなお方は」。
 パート譜には前奏が書いてあるのだが、それを演奏することはやめて、1番カッコの途中から演奏して頭につなぐという形にすることになった。
 途中のフェルマータやテンポが変わるところなどは慣れが必要。

 次にシューベルトリスト編曲)歌曲「魔王」。
 有名な曲だが、ピアノ伴奏版とは異なるところがあったりする。
 強弱に関してもう少し注意を払う必要がある。

 中プロの最後は、グノーのオペラ「ファウスト」より「宝石の歌」。
 この曲も途中のテンポの変化やフェルマータの間のとり方など、まだまだオケ全体がコンセンサスを持って慣れていくことが必要だ。
 
 休憩後、2ndを吹くブラームス交響曲第1番
 Trbの関係で第4楽章から第3、第2、第1楽章へと逆順に合奏。
 この曲の演奏経験のある団員は多いようだが、耳慣れしている音にするのではなく、このオケの新しいアンサンブルを作るという心づもりで演奏する必要がある。
 そうすることでグルーブ感も出てきた。
 第3楽章は、木管楽器群の付点音符の音型が甘くなりがち。
 第2楽章は、弦と管のかみ合わせが悪い部分が多い。
 第1楽章は、テンポやリズム感のギアチェンジのコンセンサスができていないので、音楽全体の流れが悪い。
 この曲の2ndを吹くのは初めて(1stは数回あり)なので、色々と景色が違って見えるのと、2ndだけに美味しいところがあったりして楽しい。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>