FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

[PB2019] PROJECT B オケ始動!: ヘ長調2曲♪

 午前中は、今年も出演させていただくことになったプロジェクト B オーケストラの初合奏へ。
 曲目は、ベートーヴェン交響曲第6番 「田園」と同じく交響曲第8番のヘ長調2曲。
 今回は、ベト8の1stを担当。
 実は、他のベートーヴェンの交響曲は複数回演奏経験があるのに、この8番だけ今まで全楽章吹いたことがなかった。
 これでやっとベートーヴェンの交響曲コンプリートになるということで、非常に楽しみにしている。

 先週、弦分奏があり、今週から合奏開始。
 本番の4月21日までステリハを除くとG.P.入れて4回しか合奏がない短期決戦。
 十分な準備期間が用意されていたし、初回から毎回ほぼフル正規メンバーで合奏をするオケなので、後は各自の集中力とアンサンブル力が注入され、化学反応を起こして最後の本番で最大のパフォーマンスを引き出すという例年どおりの運びとなることを祈念しているところ。

 今日は前半が「田園」、後半が乗り番のベト8。
 ベト8の合奏は、時間にして正味1時間ちょっと。
 しかしこの時間は非常に充実した時間だった。
 初回合奏ということもあり、細部に至らないところがあったにせよ、ある程度見通しのつく演奏、そして時々感じるグルーブ感。
 木管は吹き方のコンセンサスさえ統一できれば、かなりイイ線にいきそうな気がする。
 ともかく演奏していて楽しいのだ。
 
 …とは言え、細かいところで気のついたところは、以下の点。

・ 木管後列は、対向配置をするのであれば、バスーンの1stがセンターとすべき。今日は右側にシフトしていたので吹きづらかった。
・ 第1楽章は、最大音量が190小節目のfffとすれば、f 一つの音量の処理と、cresc.の始まりの音量のコンセンサスが必要。

 残された時間には限りがあるが、このオケならきっと大丈夫なはずだ。

 そして午後は、IPOJの木管分奏へ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 PROJECT-B

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>