FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

[IPOJ] 林先生の木管分奏

 午前のPB2019の合奏からのIPOJは、オーボエ奏者の林 憲秀先生のご指導で木管分奏。

 今日は、最初に降り番のワーグナーの歌劇「さまよえるオランダ人」序曲から。
 降り番なので聴いていたが、65小節目からのAndante.部分の音程が気になった。

 後半が2ndを吹くブラームス交響曲第1番

 最初に第1楽章。
 一番最初の和声の展開において、全員がベクトルを揃える必要があるのと同時に、音程を意識して吹くことで音楽に方向感が生まれた。
 4分音符と8分音符の音型で、8分音符で終止する場合に、音が汚くなる傾向あり。

 次に第4楽章。
 この楽章は通した。
 そうすることで、口がどの程度疲れるかが分かり、大事なところで余裕を持って吹くためのコンディションをどのように整えれば良いのかがわかった。

 ここまででかなり時間を費やしてしまったので、第3楽章と第2楽章は要所のみをチェック。
 第3楽章は、1番カッコの前の8分音符と"sf"のからみがなかなかハマらない。

 こちらのオケは、本番までまだ時間が1ヶ月以上あるが、これまでに指摘のあった部分などは早いうちに対応して、オケ全体としての音楽力を高めていく練習に持っていきたいところだ。

テーマ: クラシック
ジャンル: 音楽

タグ: バスーン ファゴット 練習日記 IPOJ

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>