FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

剱持氏を囲む会: ヤマハのバスーン開発秘話

BigKYAMAHAのバスーンの開発者として有名な剱持氏を囲む会(写真)が都内某所にて行われ、光栄にも厳選メンバーとしてご招待を受けたので出席してきました。氏はすでにYAMAHAを早期退職され、焼津にてアトリエをお構えになり日本国内や海外からの修理・改造の依頼を受けていらっしゃいます。その様子は、氏のブログでも報告されています。

この会のメンバーの方々はYAMAHA バスーンのオーナーであったり、氏に修理などでお世話になったことがある方々なので、色々な話題に花が咲きました。小生は氏にお会いするのは初めてでしたので、皆さんのお話を聞いて色々と参考になることを得ました。そして宴半ばからは、貸切を良いことに楽器を吹き始め、色々講評をする時間となりました。氏のお話の中で2つポイントがありました。1つ目はボーカルの話で、材質と内径の夫婦関係の話。2つ目は、氏が今後の活動において、それぞれの奏者と"One on One"でおつきあいをしていきたいというお話。つまり、「2006年のバスーン♪氏はこうあるべき」みたいな目標設定を個々に行って、それに向かってパーソナリゼーションをしていただけるというお話です。実にありがたいお話で、氏に対する信望が非常に厚くなりました。近々、小生の楽器を是非一度見ていただきたいと思いました。特にピッチ修正のために使用しているワッシャーが現在本当に必要なのかどうかという点です。最近これを使わなくてもピッチが441-2Hzで安定していると思うのですが、音域によって差が生じるのであれば調整が必要だろうと思うのです。

コメント

昨日はお疲れ様でした。実に楽しい会でしたね。次回は夏の幕張防風林っすかね~

小哲様:
昨日はありがとうございました。このような機会にご一緒できて大変楽しかったです。
次回また楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

実に実り多い?会になりましたね。 ご参加の皆様のお蔭です。
勿論、小哲漁労長のお力も大いにあります。 ありがとうございました。 腰、だいじょうぶ?
実は手を入れて頂いたボーカル全て(全財産)を持参していたのですが、収集がつかなくなると思って取り出すのを止めました。

マンフレ様:
こちらこそ、このような機会を作ってくださったことに大変感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。
今後も、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 昨晩はお世話になりました♪平日なのに飲み屋に楽器の集まる不思議な呑み会。
楽しかったです^^また、お会いしましたら宜しく御願いいたします

工場長@東北狐様:
遠方からのご参加お疲れ様でした。いんちょー様の写真に、リードを焼酎に浸し、正座で吹いておられるお姿が写っていてなかなかイイ感じでした。
この次にお会いする時にも、どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

 あれれ・・・そんな写真が有ったのですかT。Tそれではと、いんちょー様のHP
を伺ってみると・・・あれ?無い・・・ということは噂のミクシィの方なのでしょうか?
当方ミクシィは使ったことがないので残念ながら何がなにやらサッパリ解りませ
んT。Tあまり恥ずかしい写真じゃ無いと良いのですが・・・合掌T。T

皆さんのBigKさんへの絶大な信頼が感じられる宴会でしたね。いろいろな話題が勉強になりました。また、次回もよろしくお願いします。

工場長様:
|あれ?無い・・・ということは噂のミクシィの方なのでしょうか?
あっ、そうです、スミマセン。恥ずかしいなんてことは全くありません、むしろすごく真摯な雰囲気です。
Bassoonery様:
こちらこそ、どうもありがとうございました。また、お会いしたときはよろしくお願いいたします。
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>