FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

IPOJのG.P.とザ・シンフォニカの管分奏

IPOJのG.P.。今日はチャイコンのソロ合わせからだったので、その間はウォーミングアップ。その後、「オベロン」→ブラ2。やはり練習場所が違うと他の楽器の聴こえ方が変わるので、うーん明日トリフォニーでステリハすると多分調整しなければならないところが結構あるのかなぁという感じ。まぁ、あそこは木管後列は結構大きめに吹かないと音が前に抜けないホールなのでpにナーバスにならなくてよいから比較的楽なのだが、全体とのバランスを考えるとその場で柔軟に対応できるだけの余裕がないといけない。これは個人がどうこうすると言うよりもオケ全員がアンテナを張り巡らして有機的にアンサンブルをしないと成し遂げられないことだ。

IPOJの後は、ザ・シンフォニカの管分奏へ。ご指導は齋藤先生。今日は、レオノーレ序曲とシュマ2をご指導いただいた。IPOJのG.P.の後ということもあるし、明日の本番のことも考慮してやや体力温存気味で吹いた。その分、周りの音を良く聴くように努めてみた。マーラーの交響曲などと違って調性が単純なぶん、音程の高い精度が要求され、それが満たされた状態で更に表現力の幅を求ていくという世界なのだなと改めて思った。シュマ2は演奏経験のある方ならご存知だろうが、エチュードのかたまりみたいな楽譜。単純な音型が並んでいるのだが、吹き方が案外難しい。齋藤先生は自ら楽器をお吹きになって、吹き方のニュアンスを伝えてくださった。言葉で指摘されるよりも音で示していただくほうが直感的にわかりやすい。スタッカートの吹き方は音を出した時には既に息が止まっているようにするとか第4楽章のスラー音型で早い動きの部分なども音の移り変わりが聞こえてくるのではなく音の芯がちゃんと聞こえてくるような吹き方をするとか、伸ばしの音符にしても「歌がないといけない」とか第3楽章は8分音符で数えた3拍目にポイントがあるのでそこで音を抜かないなどなど。とにかく色々と参考になるし応用がきくことが多かった。本当に実践的なご指導で素晴らしい。

さて、明日はIPOJの本番。痛めた腰は低周波治療器にてリハビリ中。まだ痛みがちょっとあるが、なんとか大丈夫だろう。

タグ: バスーン ファゴット 練習日記

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>