FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

楽器がすごいことになっとりますた!

今日は、KBWさんから修理を終えて戻ってきた楽器をやっとチェックすることができた。

もう、「素晴らしい」の一言。息漏れがない楽器本来の響きが、高音域、中音域そして低音域に至るまで充実しており、特に懸案事項であった低音部の鳴りが非常に良くなっている。また、同時に音程がどの音域でも常に441-442Hzに安定していることも確認できた。これは修理していただいたボーカルの影響も多分にあるだろう。息を入れた瞬間のレスポンスの良さ。これによって最低音部で必要最小限の息で十分に楽器を鳴らすことができるので、ppdim.対応も容易になった感がある。細かい音のニュアンスや音色の変化など、自分がやりたいことをより忠実に楽器で表現しやすくなった。明日は、オケの合奏があるので周りからの感想・意見も聞いてみたいと思っている。

この楽器の状態を味わってしまうと、もう他のところへ修理に出す気がしなくなってしまった。今後も定期的にKBWさんのお世話になりたいと思う。この場を借りて剱持様に多謝。

尚、修理内容については、こちらにまとめてある。

ちなみに修理以前の写真は、こちら

タグ: バスーン ファゴット

コメント

おめでとうございます!

本当に良かったですね!!!
これからは楽器のせいにはできないので恐ろしいかも?!? 是非、写真もアップお願いします。

写真アップしました!

小哲さん、確かに楽器のせいにはもうできませんね。
写真アップしました。
http://picasaweb.google.co.jp/bassoon5091/MyBassoon
(なんせ初代IXYの200万画素なので、あまり写りが良くありません。お許しを…)。

ピカピカ!

息漏れがないと、こんなに鳴るんだ!って実感しますよね~ それに剱持さんの手に掛かると、上から下まで音程が取りやすくなり、しかもピアニッシモでもコントロールできるし!
本当に良かったですね。

素晴らしい調整で生まれ変わった愛器の音、楽しみにしてます!

おお!

アルマ様
バスーン♪さんの音色の違いをレポートお願いします。
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>