FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

GW連休初日

今日はIPOJザ・シンフォニカも練習日なのだが、両方とも降り番の曲の練習だったのでお休み。そこで久々に両親のお供と決めた。そうなると行動基準は父。本日のメインは、上野の東京藝術大学大学美術館で開催されている東京藝術大学創立120周年企画、「パリへ― 洋画家たち百年の夢」を見に行くこと。

蓮玉庵昼過ぎに大江戸線の上野御徒町駅に着くと、まず向かったところは「蓮玉庵」。老舗の蕎麦屋である。私は小さい頃に両親と行ったことがあるらしいが、40年以上前の話なので記憶に無い。思っていたほど込んでなく、すぐに座ることができた。古式せいろそば─別打ち入り三枚重ね
昼の特別献立てより、私が「古式せいろそば─別打ち入り三枚重ね」、両親は「かき揚げ(小海老と玉葱)そば」の温かいのと冷たいのにした。久々に濃い江戸前のそばつゆとこしのある蕎麦を満喫。別打ちは、しそ入りの蕎麦で、あっさりしていて良かった。

その後、てくてくと歩き、動物園正門前、東京都美術館裏を通って藝大美術館に到着。藝大美術館美術館も混雑していなかったので黒田清輝藤田嗣治の作品を間近でゆっくり見ることができたのは大変ラッキーだった。観覧後、父が係の人に竹内さんはまだ館長さんなのかと問うと、既にそうではないという返事だった。そのつい最近まで館長をされていた竹内氏は、祖父や父が写真の仕事でお世話になった五島美術館の学芸員だった方で、NHK教育の「日曜美術館」にもたまに出演されている。小学生の頃に五島美術館で行われた陶芸教室に参加した時や父の撮影の仕事に付いていった時にお世話になったことを覚えている。陳列館で行われている「ケレン - 主張する色彩-」も拝見した後に藝大アートプラザも一通り見てから、奏楽堂西洋美術館などを通って上野駅へ。西洋美術館の前で父が写真を撮って欲しいと言うので、2 枚ほど撮ってあげた。その直後から雲行きが怪しくなり、山手線に乗っている間に、にわか雨。新宿に着き、父の文房具類、帽子、伽羅、本の購入に付き合って、最後は「希須林」にて食事。本日の特選コースは、大海老マヨ、ズワイ蟹と豆腐の煮物、地鶏のパリパリ揚げ:春野菜のてんぷら添え、黒豚のXO醤炒め、桜海老の石焼炒飯にデザート。父は超満足の様子で良かったし、母もそうした父の様子を見て嬉しそうで良かった。私は足が疲れまちた。5月に父は喜寿の誕生日を迎えるので何かプレゼントを考えている。当然、既に母の日のプレゼントはセット済みなのであるが父へのプレゼントっていうのはなかなか難しいもんだ。でもそろそろ結論を出さねば…。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>