FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

比較麦酒学会

比較麦酒学会資料

「学会」と称するバスーン仲間の飲み会(写真 by つーふー師匠)。昨年も同時期にやっておりました。飲み会とは言っても写真のような資料の配布もあり、恒例の楽器の「吹き回し」もありです。今回の資料、ダブル・タンギングに関するもので、ベト4の第4楽章などが例に使われています。私はシングルが遅いのでダブルをマスターしていますが、この資料にある練習方法には新たな知見を得られたところがあります。とにかくバスーン吹きが15人近く集まって濃いー話題で過ごす密度の濃さ大変なものです。そういうことが出来る座敷を提供してくれる東京駅八重洲近くの某焼き鳥屋さんには毎度感謝です。元々は、「幕張暴楓林」主宰の小哲さんが、このコミュニティをまとめてくだっていたのですが、今年からベネズエラへご転勤されたため、代行でマンフレさんが会をセットアップしてくださいました(小哲さんはベネズエラでも最近、カラカス交響楽団首席のアンナ・クレスポ女史、同団の準首席のビクトールさんと元団員で現ベネズエラ交響楽団のホセさんと「カラカス暴楓林」を開催したという連絡がありました)。

今回は会の最後で明日が私の拙誕生日ということで、全員で“Happy Birthday”の斉唱をしてくださいました。ジーンとしました。実に感謝なことでした。皆さん、ありがとうございました。

コメント

懐かしい!

こちらからの電話はかなり遠かったようですが、こちらは良く聞こえましたよ!
お懐かしい方々の声や楽器を吹き散らかす音を聞いて、懐かしく思いました。
いつか一時帰国する際は是非遊んでやってください。
ではでは。

小哲さん:

コメントありがとうございます。
お元気そうでなりよりでした。幕張ベイタウンの「カラカスから」を拝見してご家族共々有意義にお過ごしのご様子。
マンフレさんともNY辺りで集まりたいねと言っていました。
実現したいものです。

一時帰国の際は、是非お会いしたいものです。
ではまた。
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>