FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

N響の楽員募集に思う

「2番ファゴット(コントラファゴット兼任)奏者 1名」、募集中ですなぁ。課題曲などはいつものように

● 課題曲
* モーツァルト/ファゴット協奏曲変ロ長調K.191より第1楽章(カデンツァ含む)及び第2楽章(カデンツァなし)
● オーケストラ・スタディ(ファゴット、コントラファゴット)
* 書類選考通過者に郵送
* コントラファゴットは当団で準備します。(但し、持ち込み可)

ということになっとります。

いつも気になるのは「応募資格」。

原則として年齢18歳から35歳(2007年12月1日現在)

この「原則として」が良く分かりません。どなたか「原則」が破られた事例紹介をよろしくです。

ちなみに、ホルンの首席奏者も募集中ですが、こちらは、

年齢18歳以上(2007年11月30日現在)

となっとります。首席奏者は、年齢上限無しですか…?

タグ: バスーン ファゴット

コメント

プロの道は厳しいのですね。
娘が音楽を志すまだ卵です。
娘も実力も問われますが、精神力も試されますね。

首席は

首席奏者は移籍やコンバートもあるから上の制限がないんじゃないですかねぇ

善蔵さん、コメントどもです。
最初から2ndで入団しちゃって、そのままトップ吹きをやらない人生もありなのかどうか…難しいところですよね。

N響首席ホルン奏者

あくまでも推測ですが、ホルンの場合、最近トラでの出演が増えた「彼(40歳)を「首席としていれたい」という思惑があって、一応、公平を期すためにオーディションはやる、ということじゃないかと勘ぐってしまいます。

奥田安智さん、なるほどねっ。まぁ、色々事情がありますなぁ。
非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>