FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

本番1週間前

午後から本番1週間前のIPOJの合奏。最初にエロイカを2時間ほど。朝、髭を剃っていてカミソリを下唇にひっかけてしまい出血。幸い傷が小さくて浅かったので大事には至らなかったのだが、練習前に音出しをしていたら傷口が開いてしまい再び出血。血生臭いリードを洗って、しばらく止血をしていたので止まったが、唇に圧力をかけるとまた傷口が開きそうだったので、練習の前半は気を使いながらの演奏。ちょっと音程ぶらさがり気味か。本番前なので気をつけないと。

練習は、第4楽章から。手塚先生は今まで流していたところも今日はここぞとばかりにポイントを指摘してきてくださっていたが、ここでオケがすぐに対応できるかどうかが、オケの実力を問われるところ。それでも他の2曲に比べたら曲の仕組みを理解している人が多いようだから破綻をきたすような状態にはならないという感じ。ただ、注意しないといけないのは自分が耳で覚えて慣れてしまっているプロオケの演奏などと先生の作ろうとしている音楽が異なっている場所。第4楽章の後、3→2→1楽章と通して、その後で指摘されている場所はまさにそういったところなのである。先生がIn Tempoでと再三指摘している第1楽章の2番カッコの後のところなんかは、今日も1回目の通しは伸びていた(バスーンは伴奏をしているので、ものすごくズレを感じるのだ)。オケ全体としては、上記のような状態なので多少ぎくしゃくしているところがあるのだが、G.P.までに各自が練習録音を聴いてポイントをおさえて、集中力を養っておくべきだろう。それと、音程のものすごく悪いところがあるので認識して欲しいなぁ。リードは、本番用を試してみたが、やや重めか(血がついたせいかも…超音波洗浄機で洗っておきますか)。昨日からの雨で湿気も影響しているかもしれないので特に手を入れず、ワイヤーで調整。

本来ならエロイカのみで上がりだったのだが、今日は「牧神」の2ndを吹くY氏が都合が悪くなったという連絡があったので、急遽、代吹きをすることに。「牧神」は、昔ザ・シンフォニカでやっている(第8回定演)が、その時も降り番だったので、今日は初見。楽譜は1stと2段になって書いてあるものなので、思ったほど戸惑うことも無く演奏できた。手塚先生があれだけ細かく振ってくださっているのだから合わない所はオケのほうに問題があるんではないかなぁと思ったりして。2ndを吹くなんていうのは30年以上バスーン吹いているが、数えるほどしかないので貴重な経験ですた。

この後、シューマンのピアノ協奏曲に乗り番のメンバーは場所を変えてソリストの野原先生との初合わせ。どうなったことやら。後で、録音を聴いてみたい。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>