FC2ブログ
プロフィール

バスーン♪

ブロガー:バスーン♪
アマチュア・オーケストラでバスーン(ファゴット)を吹いています。
詳しいことは、自己紹介をご覧ください。

アクセス・カウンター
1996年05月12日以来のアクセス数
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
カテゴリ
年・月別アーカイブ

Twitter でつぶやく…

最近、Twitter に登録してつぶやいてるので、このブログのプラグイン機能を使ってそれを表示し始めました。

右カラムの上のほう出ているはずです(出ていない時は、Twitter のシステムに不具合がある場合のようです)。

Twitter 使っている人は、良かったらフォローしてやってください。

阿修羅像×坂本万七 @「仏像ロック」

たまたま東京国立博物館で開催中の「国宝 阿修羅展」に関してググっていたら、みうらじゅんマガジン編集部のブログに次のような記述を 発見。

『仏像ロック』では坂本万七先生が写したお写真をお借りして掲載しております。

早速、ブログにコメントをして、購入。
興福寺の阿修羅像の写真が使用されている。この写真は、明治大学博物館に寄贈したものだ。その他の写真では、同じ興福寺の天燈鬼立像、十一面観音菩薩立像、迦楼羅像、無著立像、金剛力士像、大日如来坐像(「藤本万七」となっているが、藤本四八氏と坂本万七が混ざってしまったんだろう)が掲載されている。

久々に祖父の迫力ある写真を見て感動・興奮した。

祖父の写真を採用してくださった、みうらじゅん氏に、この場を借りてお礼を申し上げます。

続きを読む

タグ: 坂本万七

誕生日だったりする。

昨年の今頃は、「比較麦酒学会」をやってましたが、今年は話も出ず…orz

そんな中で本日は小生の誕生日。なんせお盆休みの時期ですから、子供の頃から特に何もありません。

IPOJの木管自主練習が週末にあるので、午後からさらっておきましょう。代吹きをする分があるので。ついでにザ・シンフォニカのほうのメンデルスゾーンのスコットランドもね。こいつは過去に1回吹いたことがありますが、第2楽章が鬼門。テンポにもよりますが。師匠にオーダーしているリードが来ないなぁ…。下記休業中かしら…。

坂本万七 新劇写真展 感想

演劇博物館坂本万七新劇写真展看板坂本万七新劇写真展入口

ここで紹介した母方の祖父である坂本万七の「新劇写真展」を見に早稲田大学演劇博物館へ行ってきた。

建物の前に大きな手書きのたて看板を見つけて、まず感動。手書きというところがとてもいい。大事にしていただいている感じが伝わってくる。建物の中に入ると木の床に独特のワックスの香り。この香りは昔の世田谷線(玉電)の木の床の香りと同じだ。2階の展示室に入ると一気にタイムマシンに乗ったような感覚にとらわれた。雑誌民芸 2006年6月号の「特集・坂本万七の写真」の冒頭に柳宋悦氏の「美しい写真とは何か」という文章が掲載されているが、その中の、

写真は真を写すというが、真を創るといった方がいい。

という言葉を思い出した。被写体が何かを語りかけてくるような写真の数々。祖父の感性の鋭さを感じた。

展示室を後にし、今回の写真展を企画してくださった助手の中野氏にお会いした。乾板で約3,000枚、手焼きで約2,000枚にものぼる膨大な祖父の写真をデジタル化してくださっている。実に感謝なことだ。なので今回の展示はそのほんの一部に過ぎない。写真展を企画するにあたり遺族に全くコンタクトできなかったところで、このブログで私が祖父のことを書いていたので、コンタクトしてきてくださった。中野氏のお話では、祖父はほとんど書き物を残していないので、例えばどうして新劇の写真を撮ろうと思ったのかというような理由がなかなか分からない。それは私自身も知りたい。母や伯父が元気なうちに何かヒントになることを聞き出しておくべきだろう。何か協力できることがあれば、お知らせいただくことにして、早稲田を後にした。

祖父の残した偉大な仕事、このブログでも何度が紹介している沖縄昭和10年代の写真と共に後世へ伝えていきたいものだ。

タグ: 坂本万七

SPO OB 春の宴

出身高校オケ(通称:SPO)のOB 春の宴のお誘いをOB会長のK氏からいただいたので行ってきました。本日は現会長が声をかけたメンバーのみの集まりだったので、15名程度でした。3年前の「池辺氏を囲む会」以来お会いしていなかった先輩諸氏にお会いできて良かったです(ちなみに作曲家の池辺晋一郎氏は、SPOの創設者なのです)。同期でザ・シンフォニカで一緒に活動しているK君が来てくれて、彼は今も現役オケの面倒を見てくれているので最近の様子を聞けて参考になりました。ただ、少し残念だったのは、参加者で僕らの代が最年少だったこと。OBも既に800名を越え、4年後には創立50周年を迎えようとしている中にあって、若い世代の人たちのOBとしての意見も聞きたかったです。まぁ、また何か機会はあることでしょう。

坂本万七 新劇写真展

母方の祖父で写真家だった坂本万七の写真展が早稲田大学演劇博物館で行われている事を知りました。

坂本万七 新劇写真展

今回は特に築地小劇場の内部写真などの未公開写真が展示されているそうです。祖父の写真のうち、築地小劇場関連の物は、演劇博物館へ寄贈したのでこのような形で展示会が実施できるのだと思います。

祖父の事は、このブログでもこれまでに何度か書きました。昨年は、戦前の沖縄の写真に関する問い合わせが多かったのですが、ここに来て祖父の未公開写真に接する機会を得られることで非常に興奮しています。

INFOBAR 2 - MIDORI

INFOBAR 2 正面INFOBAR 2 裏面
INFOBAR 2 - "MIDORI" を購入しました。PENCKからの機種変更です。

発売日なのに店頭展示品には、「在庫切れ」の表示が!やはり予約しておいて正解でした。色々いじくってますが、ワンセグで結構綺麗にTVが映るので感動しました。おサイフケイタイもデビュー予定です。
ブログ内検索
関連リンク
Twitter
>